男性でもアクセサリーを身につける

2016.5.24|ファッション

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

35-02

男性のアクセサリー選びは、一歩間違うと下品になりがちですが、上手に取り入れるといいアクセントになり、全体のバランスも整うものです。とは言え、ネックレスもリングもブレスレットも、全部付けてしまうのではやり過ぎ。

よく言われることですが、肥満ゴールドのネックレスや、極端にゴツゴツした指輪などは、女性にはあまり好まれません。首元の空いたトップスであればネックレスを、手首が華奢で寂々感じがする人はブレスレットをつけてみる、など、自分のコーディネートの中で物足りないと感じる部分を補うように取り入れるのがお勧めです。

定番なので種類も豊富で、襟や袖口から肩越しに覗くと、いやらしくなりすぎず、いいアクセントになります。かと言って、女性用のような華奢なタイプも男性には不向きですので、大きめのものであってもなるべくシンプルで上品なタイプを選ぶようにするといいでしょう。

最近では男性でもアクセサリーを身につけるのはごく一般的なことです。アクセサリー初心者が取り入れやすいのは、ネックレスやリング、ブレスレットです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。